【実験】化粧ノリを良くする方法

実験結果

化粧ノリの悪さに悩む人が多いようです。メイク前に何をすると化粧ノリが良くなるのか実験してみました。

実験方法

  • 100円均一パウダーファンデーションを使用
  • 各種作業を肌に施してからパフでパウダーファンデーションを塗布
  • 塗布は10回こすりつける
  • マイクロスコープでパウダー粒子が均一に分散されて付着しているか?でノリ具合を計測

例によって顔の左だけセラミド美容液で毎日ケアしています。右側はノンケア。左のほうがキメが細かくなっています。キメの細かさがメイクのりに与える影響についても着目。

実験結果

素肌

何も付けずに素肌にいきなりパウダーファンデーションを塗った場合です。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

この時点で左右差があります。右頬はパウダー粒子が固まって付着しているためムラが生じています。

この差の理由はキメの細かさです。左はセラミドケアしているため右よりキメが細かいためファンデーション粒子がキメの溝にまんべんなく付着しているからです。

化粧ノリには肌のキメが必要不可欠なのがまず分かりました。

乳液

資生堂の1,000円クラスの乳液を塗ってからファンデーションを塗りました。塗りやすくなりました。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

何も塗らないときよりキラキラして明るく発色しているのが分かります。圧倒的に塗りやすく伸びやすくなりました。

一方で右はパウダー粒子がダマになってしまいました。このダマは厚塗り感が出てしまったので、乳液による水分と油分の下地はキメが細かくないと逆効果になることが分かりました。

オイル

化粧品のオリーブオイルを塗りました。オリーブオイルの成分は皮脂にも含まれていますし酸化しやすいのも似ていますね。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

キメが細かくて化粧ノリが良かった左頬のほうがダマ、厚塗りになってしまいました。

これはキメの細かさが逆に災いしたようです。キメが細かい分、オイルで粘性があがったパウダーがキメに引っかかりどんどん固まってしまうようです。一方、キメが浅くて少ない右頬は、パウダーが引っかかる溝であるキメがないため、パウダーが引っかからずパフにほとんど残ってしまいました。

つまりオイルを足した所で化粧ノリは良くならないし、素肌がきれいな人はむしろ逆効果であることが分かりました。

化粧水

化粧水を塗ってから塗りました。乾燥していると化粧ノリが悪くなると聞くので。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

思ってたより化粧ノリは良くなりませんでした。むしろダマが増えて厚塗り感が出て透明感が出にくくなりました。

乳液では綺麗に濡れました。乳液はいわば化粧水にオイルが乳化して溶け込んだものです。しかし化粧水、オイルそれぞれ単体では化粧ノリアップ効果はイマイチ。となると、乳液のような水分と油分の乳化状態が化粧ノリアップに必要なのかもと分かりました。

エタノール

むしろ皮脂を除去してしまったら化粧ノリはどうなるのか?

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

エタノールで脱脂したら素肌そのままより綺麗にノリました。おそらくエタノール脱脂の際に古い角質が少し取れたからだと思われます。もしくは皮脂がなくなったことでダマになりづらくなったのもあるかも。

ただ完全にキメだけでパウダーを付着させているので、キメが粗い右頬は綺麗にノリませんでした。

クリーム

乳液が良かったならクリームは?クリームのほうが乳液より水分が少なく油分が多いです。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

乳液に比べると肌への付着がやや劣る感じがあります。厚塗り感は出にくいものの滑りがイマイチ。ただキメが粗い右頬はキメが細かい左頬に肉薄する感じのノリです。だからキメが粗い人はクリームを塗ると綺麗に仕上がりやすいかも。

乳液のほうが肌へパウダーが付着しやすいもののダマになりやすい問題がありました。クリームは付着しづらいもののダマになりにくい。一長一短ですね。

セラミド美容液

イチオシのセラミド美容液。これをメイク前に塗るとどうなるか?

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

滑りが良くなって塗りやすくなりました。若干ダマになる部分もありますが、まんべんなくパウダーが付着してノリが良くなりました。

カミソリで産毛剃り

産毛を剃ると化粧ノリが良くなると聞きました。実際にやってみました。100円均一のT字カミソリです。これを何回も軽く頬に添わせて剃りました。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

カミソリを当てた後は肌触りがツルッとした感じになりました。素肌のときよりノリは良くなっています。特に右頬はダマが減っています。

産毛?については分かりませんが、キメが粗い右頬は余計な角質が剥がれたことでダマが減ったものと思います。確かに産毛の存在が化粧ノリに影響を与えるのでしょうが、実際はカミソリによる角質ピーリング効果によって化粧ノリが良くなっている可能性も考えられます。

化粧下地(プリマヴィスタ)

化粧下地って聞いて浮かんだのがプリマヴィスタ。石原さとみがTVCMやってたので。皮脂くずれしないそうです。というわけで買ってきました。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

パフの滑りが良くなりめちゃくちゃ塗りやすくなりました。さすが有名化粧下地。キメが粗い右頬も全体的にムラなく付着しています。ただ左頬に比べると付着量が少ない。これはキメの浅さ、粗さが影響しているようで、そこまではプリマヴィスタでも完璧にカバーできないよう。今までいろいろ実験しましたが化粧下地が安定している感あり。

化粧下地(ヌーディーベール)

プリマヴィスタという超メジャーな化粧下地を試したので、今度はマイナーで特徴的な製品をチョイス。試供品で試したら独特の使い心地で良さそうだったのでこいつにしました。

というより、化粧下地なんだけど既にファンデーションの役割もあるような。男のメイクが増えているようですがこれなら自然で抵抗ないかも。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

プリマヴィスタ以上に塗りやすくなったため、今までの感覚で塗ったら塗りすぎました。かなりノリが良くなったのでパフに取る量を減らすべきでした。そのせいで若干厚塗りみたいに。

細い先の模様のようになっているのはキメの溝にパウダーが引っかかっているからです。キメが浅くて粗い右頬でもこの線状の模様が出ているので、キメの粗さをカバーできていると言えるでしょう。

化粧下地(ヌーディーベールのみ)

化粧下地だけ塗った状態も掲載。これだけでもほんのりとファンデーション効果があります。ナチュラルメイク、素肌感を重視するならこの下地だけでもいいかもしれません。

左頬 200倍
右頬 200倍

左頬 50倍
右頬 50倍

適度な細かい凸凹を作ってファンデーションのパウダー粒子が引っかかる、安定する場所を作っているのが分かります。これ+水分と油分の供給で馴染みやすさもアップさせている仕組みでしょう。

まとめ

化粧下地はやはり優秀だった

いろいろ試しましたが化粧下地がバランス取れていて塗りやすかったし綺麗にノリました。

化粧ノリは下地よりキメの細かさが重要

左右でほぼ常に左頬のほうがノリが良くムラもダマも少ないです。これは化粧ノリの決め手がキメの細かさだから。

キメとは肌に走る溝。パウダーファンデーションはこの溝に引っかかり付着します。リキッドと違い乾いた粉なので平面では安定しません。そこでキメの溝が化粧ノリに必要となります。

どれだけ化粧下地が優秀でもキメの有無で差が出るので、化粧ノリを追求するならキメを整えるスキンケアを重視したほうが結果が出ると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました