ぬるま湯洗顔で皮脂汚れはどれくらい落ちるのか?

実験結果

男の私はやっぱり女性より皮脂が多いです。

これまで洗顔剤でさえまともに使ってこなかった洗顔人生。水洗顔で十分だろうと思っていましたが、タオルでしっかりと拭かない限り皮脂が残ってしまうことが発覚(水洗顔の結果)。

だったら、油汚れにはお湯というくらいなので、美容本で何度も出てきたぬるま湯洗顔を試してみることにしました。

洗顔前とぬるま湯洗顔後の比較

洗い方は水洗顔のときと同じ。手は顔に触れないようにして、あくまでぬるま湯だけを肌に当てるだけ。タオルも肌に優しく当てて一切こすらないようにしました。

写真上段は200倍拡大。下段は50倍です。

左頬
Before →
ぬるま湯洗顔後


明らかに水洗顔より皮脂が落ちているのが分かります。白髪みたいなのが写っているのは、どうやら古い角質のようです。

左アゴ
Before →
ぬるま湯洗顔後


角栓までは取れていませんが、テカっていた皮脂が綺麗に取れているのが分かります。

左鼻下
Before →
ぬるま湯洗顔後


撮影ポイントがズレていていまいち参考にならず。

左小鼻
Before →
ぬるま湯洗顔後


元々皮脂が少ないせいか特に変化なし。

左目の下
Before →
ぬるま湯洗顔後


若干光っているものが消えているから、余計な皮脂がとれた?といった感じ。

左おでこ
Before →
ぬるま湯洗顔後


普段からテカっているおでこです。かなり皮脂が取れてスッキリしているのが明白です。洗顔後に角栓が見当たらないのは、単純に撮影ポイントがズレているためです。

鼻頭
Before →
ぬるま湯洗顔後

元々皮脂が少なかったため変化は見当たらず。また角栓にも影響はほとんどないようです。

まとめ

マイクロスコープの写真ででも、実際の自分の感覚でも明らかにぬるま湯洗顔のほうがスッキリしました。手で触っても皮脂のベタつきは残っていません。

普段からオイリーな男の肌での実験です。さすがにオイリーな女性でも、だいたいは私より皮脂量は少ないはず。皮脂分泌量は男性ホルモンに影響されますからね。

そう考えると、女性が洗顔料で丁寧に朝晩2回洗うのは洗いすぎなんじゃないでしょうか?皮脂を落とさないと酸化してシワの原因になると言われますが、むしろ私は女性にも肌が綺麗だと言われるほど(肉眼レベルで)。今までろくすっぽ洗顔をしてこなかったので、もし酸化した皮脂の過酸化脂質による悪影響があったなら、私の肌はもっとシワシワでないといけないと思うんですけどどうなんでしょう??

ただ、やはり毛穴の角栓に対してはほとんど効果はないようです。つまり、ぬるま湯洗顔では一度硬く詰まった角栓を除去するのは難しいと判断しました。

かといって、角栓を溶かしだすような成分は肌のセラミドも奪ってしまうでしょう。毛穴パックも周辺の角質をセラミドごと剥がしてしまいそうです。なかなか洗顔は奥が深いですね。

水洗顔の結果はこちら

タイトルとURLをコピーしました