【実験】洗顔料は肌に悪い?洗顔時間と角質への影響を調査

洗顔料の悪影響 実験結果

洗顔料の界面活性剤が肌に与える影響を実験。

洗顔時間が長いと肌がダメージを受けて肌荒れしたり、乾燥したりします。

一つは皮脂や細胞間脂質(主にセラミド)が減少するから。

では角質が剥がれやすくなるのはどうか?

洗顔料を肌に付着させる時間を変えて、その後の剥がれやすさを実験。

実験内容

  1. 洗顔前にエタノールで脱脂
  2. マイクロスコープで撮影
  3. セロハンテープを貼り剥がして角質状態を撮影
  4. 【実験1】洗顔料を10秒馴染ませ洗い流す(合計1分に満たない洗顔)
  5. 【実験2】洗顔料を10秒馴染ませ1分放置してから洗い流す

左頬は普段からセラミド保湿あり。右頬はほぼ何もしていません。

洗顔前

エタノールで脱脂しています。

左画像:左頬 右画像:右頬

50倍

200倍

10秒洗顔と1分放置の比較

左画像:10秒洗顔 右画像:1分放置

左(50倍)

マイクロスコープ画像では特に変化は分かりませんが、角質剥離では1分放置のほうがミッチリと剥がれています。

それだけ界面活性剤の影響を受けて角質が剥がれやすくなった、と思われます。

左(200倍)

さらに拡大すると、1分放置のほうが固まって剥がれているのが分かります。

おそらく厚みも1分放置のほうが分厚いのではないか?と思われます。

洗顔料を長く付着させると角質がかなり取れることが分かりました。

右(50倍)

やはりマイクロスコープ画像では差が分かりませんね。

ただ角質剥離では左頬より影響が出ました。

明らかに1分放置のほうが多く角質が剥がれています。

普段ノンケアの右側は界面活性剤の影響を強く受けやすいことが分かりました。

顔左は普段ヒト型セラミド美容液でケアしています。

つまりセラミドを増やすバリア機能ケアによって、洗顔のやり過ぎによるデメリットも防げることが予想できます。

右(200倍)

拡大するとさらに悪影響が見て取れます。

1分放置がめちゃくちゃ剥がれています。

実験結果

  1. 洗顔料を肌に長く付着させると角質が剥がれやすくなる
  2. セラミドケア(その他保湿ケアもおそらく)によって肌が薄くなるのを予防できる

洗顔料を肌に長く付着させると角質が剥がれやすくなる

洗顔時間を短くした場合と、ガッツリ丁寧に洗った場合では、洗った後の顔の白さが違います。

やはり洗顔料が長く付着すると角質の接着が弱まり、それでより多くの角質が剥がれていたことが理由と分かりました。

洗顔時間だけでなく、何度も界面活性剤に触れさせることも同様でしょう。

ある意味ピーリング効果があるとも言えます。

セラミドケア(その他保湿ケアもおそらく)によって肌が薄くなるのを予防できる

顔右側の角質剥離量が多かったです。

左側のセラミドケアありは1分放置でも剥離量があまり増えていません。

つまり、セラミドが少ないと界面活性剤の影響を受けやすく、角質も剥がれやすくなることが分かります。

肌が薄くて荒れやすい人も毎日洗顔料を使って洗顔しているでしょう。ですが、それだと角層の厚みが適正に戻りません。

普段からセラミドケアをすることで、界面活性剤の悪影響を減少させて適切な角層の厚みに戻せる期待ができます。

これによって、汚れもしっかり落とせるけど肌荒れしにくい肌質になれるのではないでしょうか。

まとめ

1分放置後は明らかに肌が白くて透明感がありました。

でも3時間もすれば元通りです。

もしかすると、洗顔後に肌が明るくなりすぎる場合は角質を削りすぎている可能性があります。

個人によって角層の状態、厚みはバラバラです。その人にあった脱脂力の洗顔料と洗顔時間。これを肌の調子を見ながら見極めるのが美肌の秘訣と言えるでしょう。

基本的に一瞬でも洗顔料が付着すれば皮脂汚れは落ちています。

油もの料理のお皿だとスポンジでこする必要があるでしょうが、皮脂汚れくらいなら界面活性剤が付着しただけで十分落ちます。洗顔時間を伸ばすのは角質をどこまで除去するかの効果にしかならないと思われます。

洗顔料の脱脂力 ✕ 洗顔時間 = 角質剥離の量

となるので、メイクが濃い人がマイルドなクレンジングで時間をかけるのは余計に肌荒れと乾燥を招く恐れがあります。

それなら脱脂力が強いオイルクレンジングなどで、時短で時間と摩擦を減らしたほうが結果的に肌負担は減るでしょう。

  • 洗顔はしっかり
  • 洗顔は時短で

これらはその人の肌質、肌状態などで変わります。一概にどれが正解とは言えません。

もしあなたの肌が薄い、乾燥や肌荒れにずっと悩まされているなら、今回の実験結果のように、

  • 洗顔時間を短くしてみる
  • セラミドケアを始めてみる

といったことがおすすめ。

逆に肌がごわついている人は、

  • 洗顔時間を伸ばしてみる

ことが考えられますが、余計な角質が取れるだけじゃなくてセラミドの減少も起きるかも。

洗顔前の角質剥離結果を見れば分かりますが、セラミドケアをしている左側のほうが綺麗に剥離しているのが分かりますよね。

つまりゴワゴワ肌の人もセラミドケアによって、通常の今の洗顔方法と時間で肌の透明感が復活する期待ができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました