化粧水を大量に使うと肌はどうなるのか?

化粧水はたっぷり肌に叩き込むのが美肌の秘訣!

よく聞きますが、皮膚科学に関わる立場の人なら意味がないと言うでしょう。

なぜなら化粧水が肌にほとんど浸透しないから。

では実際に、化粧水を大量に塗り込むと肌はどうなるのか?実験してみました。

30分間隔で垂れるほど塗ってみた

朝の9時から6時間にかけて、30分間隔で合計12回。

1回あたり、もう肌から化粧水が垂れてくるほど塗りました。

使用した化粧水は資生堂の1000円クラス。ドラッグストアで買えるようなやつ。ヒアルロンが保湿のメイン。

結果……

昼前には肌がイガイガするような違和感。

化粧水が乾いてくる感じのところで、肌になんか余計なものが付いているようなしびれ?ピリピリした刺激を感じ始めます。

さらに気にせず継続。

さらに違和感が強くなりました。

やはり乾いてくると非常に細かいピリピリが出てきます。

実験終了。

最終的に肌はどうなったか?

【結果】肌の調子が悪くなるだけだった

肌がフィルムみたいになった

ひたすら化粧水を塗り込んだ結果、肌がネチャついてフィルムかラップをさらたような感じになりました。

なんか非常に不快。

ヒアルロン酸は肌にいいと言いますが、元々は粉末に加工されています。

そして水分を一生保持するわけじゃないので、ヒアルロン酸でも次第に水分を蒸発させます。

なので、今回ヒアルロン酸化粧水を塗りたくった結果、ヒアルロン酸が大量に肌に残った状態になっています。

これがフィルムみたいに皮膜を強く作った、それで肌がテカテカしたようなフィルム感。ねちゃつきを残す結果となりました。

肌が赤くなった

昼ぐらいから肌がぼんやり赤くなりました。

また、夜に洗顔した後も、普段より赤みが出ていました。何となくですが。

考えられる原因は防腐剤やその他成分。

化粧品に含まれる防腐剤って悪いと言われますが、かなり敏感な一部の人を除けばそんなに悪さはしません。ましてや悪さをするほどの濃度が入っていません。

防腐剤フリーのほうが他の成分濃度が高くて、それが肌を刺激する逆転現象もよくあります。

今回の実験では、大量の化粧水塗布によって、肌の上に想定外の防腐剤が残っていたでしょう。

また、美容成分も高濃度になると刺激になるケースがいっぱい。

これら成分が通常濃度を超えてしまい肌の刺激になった?可能性が考えられます。

あと、化粧水と言えども界面活性剤が入っています。

これも通常より多く肌に付着しているはずなので、界面活性剤の刺激かもしれません。

潤いは全く増えなかった

肝心の潤いはどうか?

確かに肌は「濡れている」感じがあります。

でもそれって肌の潤いでしょうか?

繰り返し言っていますが、子供の頃、肌の乾燥なんて知らなかった時期に、肌が潤っているなんて実感なかったでしょう。

この化粧水で濡れているのは肌にとってプラスなのか?

本当の肌の潤いって何か?

化粧水たっぷりで肌の潤いが得られるなら、今回の実験で潤いを感じなくちゃおかしい。

むしろ肌を痛めるだけでは?

私は、スキンケア=バリア機能の維持・強化だと思っています。

今回の化粧水大量塗り込み実験は、このバリア機能を壊すだけだと思います。

なぜなら、化粧水を大量に塗ったあと、乾いてきたタイミングで肌のピリピリが始まるからです。

肌が弱い人は、何か塗っても塗らなくても肌が刺激を感じるときありますよね。

今回の実験の場合、化粧水を大量に塗り込んで、

濡れる→乾燥→濡れる

を繰り返しています。

風呂上がりに体が乾燥するって人は多いですが、これと同じ現象が起きているでしょう。

化粧水と言っても、塗った水分の大半は蒸発するだけです。

大量に塗ることで起きる変化は、ただ蒸発する水分が増えるだけ。つまり肌負担が増える。

そうやっていると、界面活性剤の影響かな?どうも肌のバリア機能が落ちているようです。

そのせいで、化粧水の塗り重ね回数を増やす内に、次第にバリア機能が低下。

だから、化粧水が乾いてきた段階でピリピリを感じるようになった?と予想できます。

つまり、化粧水をいくら塗り重ねても、肌にとってプラスがあったとしても、マイナスの方がデカくてメリットがない。肌を痛めるだけの行為であると判断します。

化粧水の使用量は限界がある

お金ってあればあるほどいい、と思うでしょ?

でも、お金に支配されるって言葉があるように、お金がありすぎて身を滅ぼす人もいます。

例えばお金を貸しすぎて返ってこなくなって人間不信。強盗に襲われて死ぬ。急に貧乏になったとき、寄ってきていた人がみんないなくなってこれまた人間不信。

栄養だってそう。

ためしてガッテンとかで、ガンにいいとかの食材をひたすら食べてたらどうなるか?

食材によっては栄養過多で胃腸障害。お腹がいっぱいになって他の食材を食べられなくなり不健康に。

要はなんでも限度があるよってこと。

化粧水も。

化粧水は必要かどうかの論争の前に、まず塗りすぎたらデメリットが出てくることは当たり前。

みんな肌荒れするとか、目に見えて何かトラブルが起きないなら、肌にとってプラスと思ってませんか?

肌は隠れ炎症というのがあって、目に見えて赤くなっていなくても悲鳴を上げていること多いんですよ。

化粧水の大量使用は、一見潤いが高まるようで、実は肌バリア機能を壊して汚肌化させる行為です。

タイトルとURLをコピーしました